忍者ブログ
Admin  +   Write
エッチの事をよく思う女はいい女ではなく、さまざまなエッチ方式を試す女もいい女ではない―――この観念の生産は一体女の本音かあるいは文化の影響ですか?夫婦の間ので性生活の中でもっと多い楽しみを追求するため、相手を傷つけない、気持悪いこともしないこそ、すべていいです。

私のある友達は旦那さんとけんかしました。彼女は彼と別居することを決定して、私の家で泣きながら旦那さんのことを責めるのです。彼女は旦那さんを責める同時にずっと旦那さんからの電話を待っていると私は観察からわかった。私はわざと彼女の旦那さんの悪いことを責めた結果、彼女が自発的に旦那さんのいいことを言います:“実は彼は非常に私を可愛がっています。”
それから、彼女の旦那さんの電話が来て、彼女はわざと返事しない、私に先に受け取らせます。私がつないだ後に彼女に回転して、催淫剤彼女は口の上で依然として厳しい、しかし顔色は明らかにやわらかくなります。電話終わった後彼らの仲は徹底的に仲直りしました。時間は非常に遅いため、私の家で泊まるようと彼女の旦那さんは提案した。

侵犯者は通常利口な子供を性暴行対象とします。だからたとえ尊敬する人、たとえば先生、トレーナー、キャンパスの指導員など、えもしも彼女にいくつかよくないことをやると彼女は拒絶することができると教えなさい。

時には、夫婦間の性誘惑はとても大いで、だから、あなた達が喧嘩するとき、あ彼の性誘惑を屈服するかそれとも性自尊心を重んじるかのことに直面します。肉体の楽しみに比べて、あれら自尊心が本当にそんなに重要ですか?
PR
プロフィール
HN:
山崎 佳樹
性別:
非公開
P R
material by bee  /  web*citron
忍者ブログ [PR]